due diligence

Business DD & Financial DD

デュー・ディリジェンス(due diligence)とは、取得(投資)対象となる事業の価値、企業が保有する資産の価値、あるいは取得(投資)に際してのリスクなどを調査・精査することを指します。

英語のDueは予定や義務の期限・期日を表す言葉で、Diligenceは勤勉・努力という意味をもちます。

M&Aにおけるデュー・ディリジェンスは、取得先(買手)が、M&A取引の実行に先立って、対象案件・企業の事業や経営実態を調査・精査することで、M&A取引において重要な地位を占めています。

デュー・ディリジェンスには、ビジネス・財務・税務・法務・人事労務・システム・環境・不動産など多岐にわたる種類があり、それぞれ、その領域の調査・精査にかかわる業務を実施するに相応しい専門家が実行する必要があります。

また、各デュー・ディリジェンスの査定・評価結果は、”どの”M&A取引の価額に影響を及ぼすかが異なります

M&Aの取引価額には、売手の希望売却価額実体価値、買手の買収可能額3つがあり、M&Aを成功に導くためには、実際の取引が「実体価値から買収可能額の範囲内」で交渉・実行される必要があります。

適切なデュー・ディリジェンスの実施は、M&Aの成功において重要な要素となっております。

私たちは、主に、事業の将来性や事業価値などを分析・評価するビジネス デュー・ディリジェンスと、財務諸表の適切性・実態などを分析・評価する財務(税効果含む) デュー・ディリジェンスのサービスを提供しています。

また、法務・人事・労務・システム・環境・不動産などのデュー・ディリジェンスにおいても、当社専門家ネットワークをもってワンストップでサービスを提供いたします。

お問い合わせ

相談無料。下記フォームよりお問い合わせください。

その他のサービスを見る

関連記事

中小建設業企業のM&A成約事例の実際を解説!

建設企業の株式譲渡によるM&Aが成約となりました。本件M&Aは、M&Aマッチングプラットフォーム上で完結した中小企業間のM&A成約事例となります。

本ブログでは、成約事例を通じてM&AのFA業務の受任からクロージングまで、そのポイントと実際について解説しています。
【記事の内容】
・売手FA業務受任のポイントと実際
・企画概要書作成のポイントと実際
・買主公募のポイントと実際
・最終契約のポイントと実際

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。